世界をハック ハブ
評価: 0+x

デジタル物理学

デジタル物理学(digital physics)とは、「宇宙をコンピューターとし、あらゆる事象の結果をプログラムの出力の結果とする」仮定によって導かれる、物理学と宇宙論における理論的展望です。

六大仮説

デジタル物理学では、次の6つの仮説があります。この内1つ以上の仮説を基礎として適用しなければなりません。

  • 宇宙は、本質的に情報である。(各情報のオントロジー1がデジタルである必要はない)
  • 宇宙は、本質的に計算可能である。
  • 宇宙は、デジタル的に記述可能である。
  • 宇宙は、本質的にデジタルである。
  • 宇宙は、それ自体が壮大なコンピューターである。
  • 宇宙は、コンピューターシュミレーテッドの結果である。

これらの仮説は、「世界をハック」カノンの原則であることを覚えておいてください。

原則

全てのコンピューターは、情報理論と統計力学、および量子力学の原則に従わなければなりません。よってそれぞれの原則が、デジタル物理学の原則として存在します。

  • 第一原則: 情報量は最小限にすること。
  • 第二原則: ミクロ(小さなモノ)の動きからマクロ(大きなモノ)の動きを統計的・確率論的に導くこと。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。