エージェント・四葉の人事ファイル

オペレーター名
薊 四葉

オペレーターズ・タグ
CLOVER

生年月日 199█年1月15日
出身地 埼玉県██市
身長 16█cm
体重 5█kg

経歴

消防士の父親と自営業を営む母親の間に生まれるが、高校3年生の時に両親を襲った不可解な殺人事件をきっかけに復讐を決意した。地元の大学に進学して情報工学の学位を取得すると、就職はせずに事件の手がかりを追って、国内外を問わず放浪するフリーランスのハッカーとなる。この頃の彼の行動は財団でも把握しきれてはおらず、旅費や食費を稼ぐために個人の口座や企業の顧客情報を狙ったハイテク強盗に手を染めていた事以外、詳しいことは判明していない。20██年に雇用目的のハニーポットに侵入し、最終ステージに到達した為スカウト。財団の技術力に尊敬を抱いた彼はスカウトに同意し、諜報機関と内部保安部門の両方に所属するフィールド・エージェントとして雇用された。その後独自開発されたPTD(プロトタイプ・デバイス)が持ち込まれた任務で評価を受け、財団のPTD開発者として抜擢された。

性格

両親から受け継いだユーモアさと勤勉さは、PTD開発において同僚のモチベーションと創作意欲の向上に貢献している。特に問題解決力に優れており、障害発生時の彼の言動は、チームメイトを自然と付き従わせるカリスマ性を感じさせる。財団が生み出した技術に心酔しており、それを生み出している職場を守ることに一種の誇りを持っている。一方でハクティビストに見られる独善的な思考が見え隠れしており、更なる心理テストを行う必要がある。また両親を殺害した犯人を未だ追っており、脅迫概念とも呼べるこの件に関する行動は、監視対象になっている。

訓練

職種専門技能課程(諜報活動Ⅳ)
情報スペシャリスト
学位所得プログラム博士号コース(情報工学/電子工学/電気工学)
米海軍特殊部隊研修訓練(BDU/NSW/基本訓練/水中戦闘/LWT/SQT)
情報保全活動群 アグレッサーチーム(81th ISAG TEAM-1)
統合対テロ対策部隊(OPERATORS)

関連分野での経験

デジタル物理学に基づく現実改変に関する理論
第██回 製造部門主催 ハッカソン 団体優勝
アグレッサー任務
著書 財団的ハクティビズム

補足

溶鉱炉作戦以来、エージェント・東風浦とエージェント・ロロとはライバル関係にある。この関係が今後どのような影響をもたらすか、監視するべきである。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。